© 2017 FPS Inc.

サウンドマスキング手法によるFPSボイスセキュリティシステム®について

証券

銀行、金融サービス業

接客カウンターの周囲にお客様のプライバシー情報が聞こえてしまう。

会議

ミーティング、接客中

会議内容が通路や隣接しているスペースに会話が漏れてしまう。

薬局

病院、保険、行政カウンター

薬の受け取りの際や症状聴取の際にプライバシー情報を周囲の人に聞かれたくない。

 

音楽×自然音を使ったサウンドマスキング方法でお客様の大切なプライバシー情報をお守りします。

各業界の皆様を悩ませているこんな情報漏えい心配を、楽器音、自然音、川のせせらぎ、鳥の声等の3種類以上重なった音で解決。

サウンド マスキングとは

 人混みや音楽が流れる場所では、他者の声が聞こえづらくなったり、かき消されたりします。 2つ以上の音があるとき、一方が他の音に邪魔をされて聞こえなくなる現象をマスキング効果と呼びます。

サウンドマスキングは、一定の大きさの音を平均的に発生させ、他人の会話等の騒音を気にならなくする手法で、1970年代から米国で普及しました。近年では個人情報漏えいや、プライバシー保護の観点から、各社様々なアプローチでサウンドマスキングが普及しています。

これまでの マスキングの方法

通常マスキングは空調音(エアコン等)をベースにホワイトノイズやピンクノイズが多く使われてきましたが、お客様(来店者等)はノイズ音を1度聞くのに対して、接客側は毎日のことであり、音によるストレスが生じていました。

FPSのマスキングの考え方

当社では自然界の音と環境音楽がミックスされている曲目を選定し、お客様の会話マスキングのみならず、接客側にも毎日のストレスをなくす音源を提案します。

システム特徴

既設の商談コーナーにすぐに設置可能

ご使用中のパーテーション(遮音壁)にハイブリッドスピーカーを両面テープで貼り付けるだけで遮音壁全体から音が出ます。

ストレスのないマスキング音源を開発

サウンドマスキングに有効なノイズ+自然音のゆったりとしたテンポ、川のせせらぎや鳥の声が毎日のストレスを低減します。

システム基本構成

マスキング音楽

自然界の音と環境音楽がミックスされている音楽を使い、お客様の会話マスキングのみならず、接客側にも毎日のストレスをなくす音源を提供

音響機器

音楽プレイヤーと4chアンプの一体型再生機(電源ボタンを押すだけで自動的に音楽が流れ、簡単に利用できるシステム)

スピーカー

ご使用中のパーテーション(遮音壁)等に簡易に取り付けることが出来、それ自体がスピーカーに変わる革新的なハイブリッドスピーカー(振動エキサイターと平面スピーカーが一体化したスピーカー)

音楽と自然音のミックスした曲目

  • お客様への会話マスキングによる安心感
  • 従業員のストレス軽減、周囲への音漏れ軽減

空間イメージを損なわないデザイン

  • 小型で軽量( ハイブリッドスピーカー )
  • 極細でスタイリッシュ(PLSスピーカー選定により)

簡易な取り付け作業

  • 既設のパーテーションへ簡単取り付けが可能
  • 取り付け位置の自在性

面、線音源効果

  • 少ない減衰率
  • 近くでうるさくなく、遠くでも聞こえる

会話漏れを防ぎ、大切な個人情報をお守りするボイスセキュリティシステム - 紹介ビデオ

実績

本システムの一部導入事例

TOP