© 2018 FPS Inc.

ナノファイバー量産製造機の開発に成功

当社は優れた吸音・断熱性能を誇るナノファイバー製造機を専門に取り扱っています。 ナノファイバーは従来から「夢の新素材」として各分野で注目され、研究が進められてきましたが、製造過程での安全性に課題があり、大量生産が困難で、高コストになってしまう問題がありました。当社の最新テクノロジーにより安定量産化を成功させ、より身近に使用できる装置に作り上げました。当社の量産機を開発したことにより、多くの分野への活用・貢献が期待できます。

生産現場の要望に応じた製造機のご提供

当社のナノファイバー製造機は溶融紡糸を基礎とし、独自の技術でお客様のニーズに併せた様々な樹脂が使用可能です。最大の特徴は、シート状に紡糸したナノファイバーをロールに巻き取ることで、ハンドリングや二次加工性に優れ、様々なアプリケーションへの応用が容易です。シートの幅や目付(g/㎡ ) など、お客様毎のご要望に合わせたご提案が可能です。

溶融紡糸の製造機

溶融紡糸を基礎とした製造法を用いているので、既存の電界紡糸よりも大量に生産できます。

シート状に生産可能

ナノファイバーをシート状に紡糸して巻き取ります。 10-300g/m2 *の目付量で生産することができます。 *目付量の幅は原料により前後します

様々な樹脂での紡糸が可能

様々な熱可塑性樹脂を原料として紡糸ができます。繊維径の調整も可能です。

IoT 搭載で生産管理が向上

生産現場以外でもライン稼働状況を遠隔監視で把握でき、品質管 理・生産量など日々の管理に役立てるIoT 機能を搭載しています。

NANO

ナノファイバーの主な特徴

毛髪の百倍から一万倍の表面積をもつ「超比表面積効果」や一般的なマイクロファイバーの十~千分の一の細さの「ナノサイズ効果」、そして「超分子配列効果」により優れた電気・力学・熱力学特性をもつなどの技術的特徴と優位性から、様々な用途が期待されます。

◎ 薄い、軽い、暖かい

◎ 優れた吸音性能

◎ 優れた断熱性能

◎ 優れたフィルタリング性能

ナノファイバー VS. 毛髪

ナノファイバー VS. マイクロファイバー

ナノファイバーの主な用途

当社装置から製造されたナノファイバーを適用することで、現在主流のマイクロファイバーの半分の厚さで同等の吸音・断熱性能を得られ、保温機能向上及び騒音低減機能が期待できます

FILTER

ナノファイバー 高機能フィルター

CONTACT

お問い合わせ

ナノファイバー専用お問い合わせフォーム

内容は具体的にお書きください。

ナノファイバーは、私たちのくらしを更に快適にします

ナノファイバーにより、日々のくらしはどう変わるのでしょうか?
居住空間・オフィス空間が更に快適になっていきます。 断熱材が更に薄くかつ高機能になり、これまで断熱材の施工が難しかった狭い場所でも使えるようになります。 吸音材も更に薄くかつ高機能になり、これまで吸音材の施工が難しかった狭い場所でも使えるようになります。 自動車・鉄道・飛行機などでも、騒音が少なくなり、移動がより快適になっていきます。 フィルターも更に高機能になり、花粉やPM2.5、ひいてはインフルエンザウイルスなどもブロックできるようになります。 酸化チタンコーティングによる消臭・抗菌機能を付加することで、更に清潔で快適になっていきます。

ナノファイバーは、革新的な商品を生み出します

ナノファイバーにより、ビジネスはどう変わるのでしょうか?
多糖類ナノファイバーを使用することにより、手術等で使用されている医療用ガーゼを回収する必要が無く、体内で自然に吸収されます。 これにより医療ミスのリスクが減るだけでなく、手術時間も短縮されます。 また、保湿性ナノファイバーを使用することにより、格段に高機能な美容関連の商品が出てくるようになります。 さらに、低価格ナノファイバーを使用した場合、農業資材など、これまでナノファイバーの利用を想定されていなかった分野でも、新商品が登場するようになります。

ナノファイバー量産は、地球環境を守ります

ナノファイバーにより、地球環境はどう変わるのでしょうか?
高機能断熱材を使用することにより、燃料使用量削減、CO2排出削減、さらには冷暖房費削減が可能になります。 高機能フィルターを使用することにより、PM2.5など大気汚染物質の排出をブロックし、大気汚染を抑えられるようになります。
さらに、リサイクル可能な材料(PP)を使用することにより、100%リサイクルを目指し、廃棄物処理の点でも地球環境を守ります。

技術革新を通じ人類の発展への貢献を目指します

この度当社が開発した安全なナノファイバー量産技術は、くらしを、ビジネスを、ひいては地球環境を快適にしていきます。 当社の技術を通してより多くの方々が繋がっていくことにより、人類社会の更なる発展に貢献していきたいと考えています。当社はナノファイバー技術を通して、更なる技術革新に取り組んでまいります。

TOP